2018/06/19 21:29

ノマドノートで使用する紙はだいたい3種ほど、それぞれ「書く・描く」ことを想定して選んでいます。

鉛筆やペンを当てたときの感触、走らせたときの音など、アナログでかく事の醍醐味を味わっていただける紙たち。今回はそれぞれの特徴をご紹介いたします。


01. A-プラン

さとうきびの搾りカスからできるバガスパルプを10%以上配合。紙本来の質感をそのままにした非塗工紙です。ソフトな肌合いで嵩高、鉛筆やジャーペン、万年筆などと相性がいい。色はほんのり黄色。ノマドノートでは1番多用されている紙です。



02. ビオトープ GA-Fs

FsC森林承認パルプ無塩素漂白配合(塩素を用いずに漂白した環境負荷が少ないパルプ)

クラフトパルプを配合した力強さと素朴感のある肌触り。草木染めの染液ととても相性がいい。色も少しクラフトっぽくナチュラルです。


03. 新奉書風

和紙の奉書紙をイメージした紙。便箋などによく使用され、程よい高級感があります。薄くてかさばらないのでよくメモをとるとか、ポケットなどに入れて持ち歩きたい場合におすすめです。




 

 

以上がメインで使用している紙です。

これらに草木染めで少しだけ色をつけてオリジナルな風合いを出しています。

ノートのオンラインショップでは、それぞれの商品にどの紙を使用しているか記載していますので、購入いただく際はぜひチェックしてください♪